てんかんの特徴

てんかんの特徴としては、突然発作が起こり、意識が消失したり、転倒したり、全身や手足がけいれんするという特徴があります。なぜ、このようなてんかん発作が起こるのかというと、脳内の電気の乱れにより起こるといわれています。脳内には複雑に神経細胞がつながっていますが、あらゆる身体の神経とつながっていますから、脳内に異常が起こると当然身体にも影響を及ぼすことになります。てんかんの発症時期としては、まだ2歳から3歳くらいの時期に発症することが多く、大人にまで発作が続くことはあまりなく、大人になると発作も落ち着いてくると考えられています。てんかんの治療方法としては、薬物療法が中心となってきます。薬を定期的に服薬していれば、てんかん発作のほとんどを防止することができます。ただし、薬は定期的に服薬していくことになります。てんかんは人によって大きく状態が変わる病気でもあります。例えば、てんかん発作の頻度が人によっては毎日であったり、人によっては毎年であったりします。また、発作も部分発作と全般発作など脳の全部が興奮状態になっているのか、脳の一部だけが興奮状態になっているかによっても発作のパターンが違ってきます。ですから、てんかんというだけで一つの状態を指すということではないということが言えます。発作が起こった時は、自分の意識ではどうすることもできないので、特に周囲の協力が必要になってきます。もしも、けいれん発作が起こった場合は、自分の舌を噛み切ってしまうこともあるので、周りがタオルなどを口に入れて舌を噛み切らないようにしてあげたり、呼吸が困難になることがありますから、下顎を上に向けてあげて気道を確保してあげたりすることが大事になってきます。

■てんかんに効果のある成分
カルバマゼピンでてんかん発作予防
■てんかん治療薬ならコレ!
テグレトール