てんかん発作の分類の重要性

てんかんは脳のどの範囲で起こるかによって、部分発作(局在関連)と全般発作に分類されています。しかし時にはどちらとも決められないてんかんもあります。さらに、発作を引き起こす原因によって、特発性と症候性に分類されています。また意識が有るか無いか、症状、型、対称的に現れているかによっても細かく分類されています。このような細かな分類はてんかんの正確な診断の基準になり、的確な治療を行う上で重要な意味があります。部分発作は脳の一部に限定されて起こるものです。そのうち意識がはっきりしているものが単純部分発作で、脳の部位によって運動機能の障害、視覚や聴覚の異常、自律神経の異常など多様な症状が起こります。対して複雑部分発作は、意識が徐々に薄れていき周囲の状況がわからなくなるという意識障害を起こしますが倒れることは少ないです。急に動かなくなってぼーっとしたり、あるいは手を叩いたり、口をもぐもぐさせたりといった無意味な動作を繰り返す症状が現れます。さらに二次性全般化という脳の一部から始まって大脳全体に広がるものは始まり方の分類でこちらに含まれます。全般発作は大脳の両側にまたがる広い範囲で起こるものです。意識が薄れていくと共に全身が硬直して直後にガクガクと痙攣する強直間代、数秒から数十秒の意識消失後すばやく回復する単純欠神、意識障害と共に自動症やミオクロニーなどを伴う複雑欠神、全身の筋肉の緊張が高まって頭部が前に倒れて両手を振上げ両脚は折り曲げるという形をとる点頭、全身の力が瞬時に抜けて崩れるように倒れる脱力というように分類されています。先にも述べたようにてんかんの正確な診断と的確な治療のためには、このような細かな分類がとても重要なのです。