てんかん発作の対処法

てんかんという脳の病気を持っている場合、発作を起こすことがありますから、周りにいる人間も何らかの対処が必要になってくることがあります。そのためには、まずてんかん発作がどのような状態になるのかということを知っておくことが大事になってきます。てんかんの発作で一番多いのが、意識の消失です。意識を失うということは、もしも立っている状態であれば、突然倒れてしまうということになります。このような場合は、いきなり倒れたからといって、すぐに救急車を呼ぶのではなく、しばらく様子を見守るということが大事になってきます。てんかんの場合は、ある程度の時間を経過すれば、意識も回復して特に問題なく日常生活を送ることができるので、救急車を呼ぶ必要はないことがほとんどです。てんかん発作によっては意識の消失だけではなく、けいれん発作を起こす場合がありますが、この時の対処法としては、安全確保としては、まずはけいれんによって舌を噛み切ってしまうなどの二次的な問題に対処する必要があります。このような場合は、口の中にハンカチやタオルなどを入れてあげて、舌を噛まないようすることが対処法になります。また、発作で呼吸が苦しくなることがありますから、ネクタイなどをしている場合は、ネクタイを外してあげたり、気道確保のために下顎を上に向けるなどの対処が必要になってくる場合があります。救急車を呼ぶ必要があるケースとしては、発作が5分以上継続する場合です。ただし、てんかんに対する対処法がわかっている人は、薬を使った処置をすることによって発作を止めることができるので、救急車を呼ぶ必要はありません。もし、発作が治まったら、発作中にどのようなことがあったのかということを本人に伝えてあげることも必要になってきます。